コミュニティバスの交通費精算

郊外の都市で暮らしていると、コミュニティバスが運営されている場合があります。コミュニティバスは私鉄バスよりも格安の運賃で利用できるのが魅力です。自治会の活動での移動にも大変役立ちます。自治会の用件のために市役所や郵便局や信用金庫に出かけなければならない場合には、自治会に交通費精算をしてもらいましょう。自治会での交通費精算は、それぞれの自治会によっててルールが規定されていることがありますが、基本的には、出金伝票を記入して精算してもらうという手続きを覚えておくとスムーズです。出金伝票は、あらゆる経費に応用できますから、自治会として購入してあるものを、必要に応じて事前に何枚かもらっておくとスムーズです。出金伝票には、コミュニティバスを利用した日時も記入しておきます。時刻表を参照し、何時何分のコミュニティバスを利用したのかを書いておくと、客観性が増します。

交通費精算を簡単にする方法

交通費精算は、申告方法から精算できる範囲まで会社ごとにやり方が違うと思います。本社勤務のように、基本的に同じところを行ったり来たりするだけならば、定期を買わせて、その分だけを精算すればよいので楽ですが、営業や打ち合わせなどで、様々なところを行ったり来たりする仕事だと、申告する側も処理する側も大変です。何より大変なのが、本当にその区間の電車に乗ったのかという証明です。一番いいのは、一回ごとに領収書を出してもらい、全部提出してもらうことが確実ですが、領収書をもらう側も忙しいときに毎回領収書を出すのも面倒ですし、受理する側も膨大な量の領収書を処理するのは大変です。そんな時は、PASUMOやSUICAといった電子マネーカードを利用すると便利です。PASUMOなどは、月ごとにどの区間にのってどれだけの金額を使ったのか照会するのも楽ですし、提出側も受理側も負担がかなり減ります。また、最近は電子マネーが使える駅や地方も増えているので、少し遠めの営業などでも問題はありません。

交通費精算の重要性について

会社にとってお金の出入りはとても重要な分野であり、ほとんどの会社が経理などを担当する人を雇っているのが一般的です。ある程度経験や知識があり、優秀な人材であるほど会社にとっては安心して経理の仕事を任せる事が出来ます。もちろん一概に経理とひとまとめに表現しても、仕入れに関する事や接待などで行った外食費など様々なものがあります。その他にも交通費精算なども重要で、拘束時間中に使用した電車やバスなども領収書は出ませんが自身で出金票などで報告する必要があります。もちろん領収書を取っておく事が必要ですが発生しない交通費については、やはり忘れがちになりやすいので最近ではスマートフォンのアプリなどを利用して、忘れないうちに入力したりする会社員の方も多いのではないでしょうか。やはり領収書がないと、後から思い出そうとしても限界があるため、お金に関する重要な事は発生した時にこまめに入力する事が精算する時の手助けになるようです。

交通費精算の重要性に関しては上記の通りですが、申請する人のメリット以外にも処理する側のメリットも見逃せません。 交通費精算は経費の中でもかなりごまかしの効く方です。本来であればごまかしなど一切あってはいけないのですが、営業ともなれば毎日色々なところに飛び回っているわけで、どのルートを使っていくらかかったか。なんていうのを全て正確に記憶していません。更に処理する側はそんな申請を何人分も処理するわけですから、全てのルートと金額が正確かどうかをきちんと検証するのは物理的に不可能になってしまいます。この処理にかかる時間的コストは侮れないものがあり、交通費精算のシステム導入により解消される大きなポイントのひとつとなります。

  • アーカイブ

  • 固定ページ

  • 2016年10月
         
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • カテゴリー

    • カテゴリーなし