交通費精算する時に必要なものは何ですか

たいていの会社での交通費精算は経理が担当します。経理に出す書類は会社によってまちまちですが、電車、バス等の公共の交通機関を利用すれば既定の書類に乗車駅、降車駅等を記入するパターンが多いです。この時、便利なのがICカードで […]

たいていの会社での交通費精算は経理が担当します。経理に出す書類は会社によってまちまちですが、電車、バス等の公共の交通機関を利用すれば既定の書類に乗車駅、降車駅等を記入するパターンが多いです。この時、便利なのがICカードです。このカードを利用すると、乗車駅、降車駅、いくらかかったか等のデーターをインターネットから見る事ができるので、間違う事無く書類に記入する事が出来ます。このICカードは事前にお金を入れておくプリペイド方式とクレジットカードと同じように後払いのシステムがあるので、自分にあった物を選びましょう。しかし、同じ電車でも、特急や新幹線を利用する場合は領収書が必要になってきます。これらは窓口に行くともらえますので、時間に余裕をもって駅に行けば問題無く手に入れることが出来ます。特にタクシーは領収書が必ず必要ですので、もらってください。

出張に行った時には必ず交通費精算する

出張に行った時には、会社に戻ってきた時に必ず交通費精算をしていく必要があります。出張でかかった交通費に関しては後で会社から支給される所も多いです。しかし、交通費をどれくらい使用したのかが分からなかったら、会社側も支給する時に混乱してしまう可能性があります。ですので、出張している時は、移動にかかった費用を小まめに記録していく事が必要になってきます。そうする事で、会社に戻ってきた時に記録を頼りにきちんと精算する事ができるのです。また、秘書がいるのなら記録を渡して代わりに交通費精算をしてもらいますと、仕事が楽になってきます。また、間違って精算しないようにします。あまりに数字がおかしいですと会社から指摘される可能性があり、あなたが困る事になりますし、信頼度が落ちてしまいます。正確に精算するようにします。

交通費精算のタイミングで従業員の人生が変わる。

仕事をやっていく上で、交通費というのは欠かせない経費です。これを渋る企業というのは、大切な人材を逃してしまうのではないのか、と思います。しかし交通費に関して様々な問題があると思います。交通費精算のタイミングが企業によってまちまちであり、即日交通費精算してくれる企業もあれば、月末や、中には数か月後・・というところもあります。私の知人の中には交通費だけでなく宿泊費をまず自分で立替を行い、数か月後に精算というパターンの企業に勤めており、そうなると自分の生活費まで逼迫され、キャッシングやリボ利用と言ったカード地獄に足を踏み入れてしまった人もいます。たかが交通費、されど交通費。当たり前のように立替をしていますが、その交通費精算のタイミングを即日~月内精算といったタイミングもきちんと決めるべきではないのかと思います。もしくは会社でカードを作り、従業員に立替をしないようにすべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*