交通費精算のデータは会計データに直接入力

会社で行なわれた取引は全て経理において仕訳が行なわれます。特に資産、負債、資本に係るものについて必要になります。どのように仕訳を行うかについては会社ごとで違いがあります。どのような方法を取るにしても、最も末端の部分がチェ […]

会社で行なわれた取引は全て経理において仕訳が行なわれます。特に資産、負債、資本に係るものについて必要になります。どのように仕訳を行うかについては会社ごとで違いがあります。どのような方法を取るにしても、最も末端の部分がチェックできるようになっていれば良いのです。交通費精算に関するデータも経理処理されていきます。このときには経理部がデータを元に直接入力していくことがあります。精算の段階でシステムを導入していない場合、コンピュータに入力されているデータがありません。ですからそれを使うことができません。誰かが入力しなければいけません。手入力なので経路毎に入力、申請ごとに入力、その期間に申請されたものをまとめて入力するようなこともあります。まとめて入力していてもその明細がわかるものがあれば特に問題はありません。

IT時代の交通費精算はスマートフォンで

企業や会社がその活動を行う上で、社員や従業員の移動は欠くことのできない行為です。取引き先またはその他出向など、移動は業務の大事な一環です。その移動に関わる電車などの交通費は、ほとんどが領収書の発行が期待できませんので、その移動経費の処理に当たるのが交通費精算です。かつては交通費精算書を用意してこの処理が行われていましたが、近年のIT技術の進化により、スマートフォンのアプリによる申請が可能な企業も増えてきました。この場合手作りの書類は不要になり、しかも出先から社に申請を行うことが可能になります。そしてその申請を受けた社内の担当者は、パソコンなどを使ってそれを処理し、承認することができるようになります。勿論それらのデータは会計処理や、場合によりビッグデータに統合されますので、交通費精算が実に効果的に行えます。

すっかり忘れていた交通費精算

昨日自宅で夫のスーツを整頓していると、いくつかレシートがポケットから出てきました。いったいなんだろうと見てみると、普段の仕事で行った先の高速代の領収書でした。これは大変とさっそく夫にメールを送ると、すっかりその時交通費精算をするのを忘れていたらしく、ありがとうと返信が返ってきました。夫の会社は、会社の用事でどこかに行った時はその交通費は領収書を持っていけば経費として落ちるのですが、いかんせん期日が存在するのです。その領収書の発行期日から2週間しか経費としては認められないらしくて、日付を見るとぎりぎりだったため、発見できてよかったと思いました。金額も約5千円ほどになりますので、自腹を切ることになったら大変です。夫は基本的におっちょこちょいな性格なので、たまにこうしてチェックしてあげないといけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*